忍者ブログ
†堂本光一さんのソロだけを応援しているオンリーブログです†

2017-10

音楽
ユーチューブで音楽を試聴|Music PlayTableランキングPLAYTABLE
ユキへのメールはこちら(オンリー友も同時募集中!!)
最新CM
[01/01 ユキ]
[12/30 nao]
[12/19 ユキ]
[12/18 Yumi]
[09/01 ユキ]
アンケート
プロフィール
HN:
ユキ
性別:
女性
趣味:
堂本光一
ブログ内検索
カウンター
Pantastic!!(。-∀-。)ノ

kXJsNSYw.gif



アクセス解析
堂本光一販売情報
☆光ちゃんの発売されている商品を確認出来ます☆
キラキラ星
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

          
こんばんはー

お久しぶりでございます

今日のテーマは(いつもテーマないくせにw)
自己愛性人格障害ついて。

まず、自己愛性人格障害(ナルシスト)とは。 以下コピペで失礼します。


英語ではNarcissistic Personality Disorderです。そう、つまりナルシストのことです。
その原因は母親の過保護と父親の不在です。
そのおかげでいつも自分は特別なものだと感じています。
そのため、誰かに自分のことを非難されるのをとても耐えることができません。
自分は特別な人間だと感じ、様々な対人関係の障害がでてくるのが特徴です。
まわりの人間は自分を敬うのが当然と感じ、他人への思いやりに欠けます。
究極の自己中心的な人間、裸の王様がこの自己愛性人格障害です。
この自己愛性人格障害には、大きく二つのタイプが存在すると言われています。


ひとつは無自覚タイプです。
これは日本に多いタイプで、まさに自己中心の塊です。
多くは、母親の過保護によって生じます。愛情を注がれ過ぎたために起きます。
「特別な子供」扱いすることで、「私は特別な人間なんだ」と思い込んでるのです。
厚顔無恥、誇大、顕示欲の強さなどがこのタイプの特徴です。


もう一つはこれと全く逆で、過剰警戒タイプです。
小さな頃から親の愛情を受けなかったため、褒められずに育ったために、
「自分は本当はもっとすごいんだ」と空想して、傷付いた自尊心を取り戻そうとするタイプです。
傷付きやすさや、過敏性が強く密かな自己愛を持っているのが特徴です。
このタイプはアメリカで多いとされています。
共通しているのは「自分は特別だ」と思っていることです。
また、「独特で」「完璧な」「才能がある」と自分を表現し、「普通の人には理解できない」と感じているようです。



これを見る限りアレは無自覚に入ると思う。


具体的な例

1 自分は特別重要な人間だと思っている。
2 限りない成功、権力、才能、美しさにとらわれていて何でもできる気になっている。
3自分が特別であり、独特であり、一部の地位の高い人たちにしか理解されないものだと信じている。
4過剰な賞賛を要求する。
5特権意識を持っている。自分は当然優遇されるものだと信じている。
6自分の目的を達成するために相手を不当に利用する。
7他人の気持ちや欲求を理解しようとせず、気づこうともしない。
8他人に嫉妬をする。逆に他人が自分をねたんでいると思い込んでいる。
9尊大で傲慢な態度、行動をとる。


この障害の裏には自己嫌悪があり、それを隠すために自分は本来は優れた人間なんだと思い込みます。
しかるべき環境だったら、社長になれる、ノーベル賞を取れると言う人もいます。ただ、何も根拠はなく、実現のための努力をしようともしません。うまくいかないと、すべて周りのせいだと思っています。


被ってる所もあると思いますが、これらも自己愛性人格障害(ナルシスト)の特徴です。


・人の悪口や批判が大好きで生きがいになってる人(相対的に自己価値を高めたいとう願望)

・人の不幸や失敗や欠点で満面の笑みを浮かべる人
(さらに目の瞳孔が開いてる快楽的表情、又は子供のような無邪気な笑みだと要注意)

・初対面や目上の人、強者や異性に対してなど特定の人や状況を限定して特に愛想が良い人
(極端な裏表の使い分け)

・異常に空気が読めない人、暗黙の了解を理解できてない人(他人の気持ちを読み取れない)

・表情や立ち振る舞いがわざとらしく演技くさい人(常に理想の自分、評価される自分を演じています)

・自分が間違ってると言う発想がない人、謝れない人

・自分の本当の弱みを見せれない人、負けを認められない人(プライドが異常に高い、そして疑い深い)

・自分を棚に上げる人、自分を客観的に見る能力が欠落している人、自分と他人を冷静に比較できてない人

・本当の意味で他人を褒めない人(目上や異性に、愛想としてほめまくる人はいます)

・何事も自分と他人を比較する人
(やけに他人に勝とうとしてると要注意、根拠もなく勝ってると判断することもしばしば)

・習い事などして「他人より上になること」に躍起になってる人
(習ったことで褒めてくれオーラが強かったり、習い事をころころ変えてたら要注意)

・他人同士を争わせて仲違いさせる人(自分がグループの中心になるための伏線、陰湿な優越感)

・他人同士が自分を差し置いて仲良くするのを嫌う人(孤独恐怖症、独占欲や嫉妬の強さもあります)

・他人が悪く言われてる内容を本人に伝える 、告げ口する人
(相手の自信や人間関係を破壊し心理的主導権を握るための仕掛け)

・他人を不安にすることをほのめかしてニヤニヤする人
(相手の自信を破壊し心理的主導権を握るための仕掛け)

・素の顔での目が爬虫類系の人
(常に異性に目が行ったり自己利益を探していて獲物を狙う目になっています)

・1人でいる時ニヤニヤしてることがある人(さまざまな自己都合の空想に耽っています)

・自慢や自惚れが多い人、過去の栄光をいつまでも過大に語る人
(そうやって自分を奮い立たせないと自分を維持できないため)

・友人の数とレベル、恋人の有無とレベル、学歴、親の資産、年収、貯金、家、車、服装など、人間を「目に見えるモノ」でしか評価できない

・嫉妬心や僻みが異常に強いが絶対認めない人
(幸せな人間を嫉妬しますが高いプライドで認めれません)

・人が成果を出してることを皮肉ったりつまらなさそうにする人
(心の奥底で嫉妬してますがまず認めません)

・超の付くサド(S)な人 (陰湿系Sだと要注意)

・1つ褒められただけで10と捉える人
(例「体細くてきれいだね」→本気で「モデルになろうかな」的な幼児的万能感の未卒業)

・長く付き合ってる人間が本人にとって「有益の人間」か「イエスマン」ばかりの人
(健全な人間関係築けません)

・素を出せる友人がいない、友人知人との距離感が変にある人
(常に過剰な演技してるので他人との密接な関係が作れません)

・「人それぞれ」という発想がない人、自分の価値観しか分らない人
(勝ちか負けか、上か下かでしか人を見れない)

・何をするのにも周囲へのアピール感がある人、他人への親切がわざとらしい人
(異常な自己顕示欲の強さ、褒めてくれオーラが強いと要注意)

・人からの評価が両極端
(Aさんからの評価とBさんからの評価に格差がある場合など。しかし同性から嫌われて異性から好かれることも多い)

・表面上自信があるようにふるまっているのにも関わらず、他人からの評価や物事の勝ち負けで一喜一憂する人

・自分に出来る事を他人が出来ないと見下す人
(些細なことでも優越感に浸ります、逆に自分が出来ないことには見向きもしません)

・嫌な事があると他人のせい、世の中のせいにする人
(自分が悪いという発想がない)

・皆で平等に楽しくという発想ができない人、仲間はずれを作りたがる人、他人をランクづけする人



長々と書きましたがこれほどまでにあの人と合致してるのが恐ろしい・・・

治療法としては薬物療法だそうだけど、自分の症状に自覚がなく不自由を感じてないのであれば自ら治療を受ける事もないそうで、そうなると周りが振り回される事が多いそうですね。


自覚がないのだから困ったもんだよね。

あまりのも合致すぎるので書いてみたw
皆さんもアレは自己愛なのはご存じだけどね^^

意味ない更新ですんません^^;


今日も最後まで読んでくれてありがとうko3.jpg

拍手[25回]

PR
          
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]
by 桜花素材サイト様